むし歯治療・歯の神経の治療

なるべく削らない、なるべく痛くない治療に取り組んでいます。処置には痛みが伴うことが多いので、しっかりと麻酔をすることによって、治療の痛みと恐怖に考慮します。

むし歯は細菌が出す酸によって歯が溶けてしまうことを言います。むし歯といっても、すぐに歯に穴があくわけではありません。
歯の成分を溶かす原因菌が作る酸によって脱灰が始まり、やがて歯に穴があいて、むし歯になります。

穴があく前の「初期むし歯」は、再石灰化によって、唾液の働きや適切な歯みがき、フッ素塗布で治る可能性があります。
また初期むし歯を定期健診で早期発見することにより、削らずに治ることもあります。 そのためにも定期健診はとても大切ですよ。

溶けてしまった部分と細菌に感染した部分は元に戻ることはないので、そのままでは「しみる」などの症状が出てしまいます。
そこでかぶせ物や詰め物など人工物で補っていくことになります。処置には痛みが伴うことがありますが、しっかりと麻酔をすることによって、治療の痛みと恐怖に考慮します。

抜歯になるかもしれないようなむし歯の治療法

エクストルージョン
エクストルージョン
抜歯になるような末期状態のむし歯を救う治療法です。むし歯になった部分を削って除去するのはよいが、このまま差し歯(クラウン)の製作は難しく、今後のことを考えると、差し歯の早期脱落、むし歯再発、歯周病発症など、 高リスクです。その結果、抜歯適応と診断をされてしまうでしょう。
エクストルージョンとは歯を「ひっぱり出す」ということです。(その逆はイントルージョンで歯を「押し込める」こと。)
  1. ある程度の長さの歯根が確保出来ている場合は部分矯正にて引っ張り出します。
  2. 健康な歯が歯肉より数ミリ引っぱり出された状態でエクストルージョン完了です。
  3. 歯茎や骨を整えるための歯周外科処置へ移行します。
  4. 組織の治癒を待ち差し歯を製作へ。

エクストルージョンを行うことで抜歯適応歯であっても抜歯を回避出来ることもあるかもしれません。ぜひご相談下さい。

歯の神経の治療

むし歯を放置すると、歯の中にある神経まで感染が及ぶことがあります。ここまで感染が進むと大きな痛みが出たり、食事がとりにくくなることがあります。
治療としては感染物の除去が必要になるため、神経を取ることになります。結果、歯が弱くなってしまうためかぶせ物は必須になりますし、将来的に再治療のリスクが大幅に上がります。
また痛みという神経が教えてくれる情報がなくなるため、病気の発見が遅れることがあります。

ラバーダム防湿ってご存知ですか?

歯の治療をするとき、歯の周りにかけるゴムのシートのことをラバーダム防湿(ぼうしつ)といいます。
唾液には細菌や水分が含まれており、むし歯の治療や歯の神経の治療の際に、細菌がはいってしまうと治療の妨げになってしまいます。

ラバーダム防湿法は、ゴムのシートに小さな穴を開けて、その穴から治療をする歯だけを出して治療を行い、歯の根の中に細菌が感染しないようにして、清潔な状態で治療をおこなうことができます。
さらに、治療のための強力な消毒剤を使用しても口腔粘膜に影響を与えないという利点もあります。安心のための道具ですね。