入れ歯の治療

入れ歯の種類と特徴、やわらかい、ノンクラスプ、目立たない義歯。インプラントに抵抗のある方にも。

入れ歯製作には数段階の工程があります。個人差がありますが、1、2回では製作出来ないことが多いです。

製作後もそれで終了ではありません、ようやくリハビリ開始です。
「痛くなく、噛める入れ歯」を一緒につくりましょう!
入れ歯でお悩みの方、是非ご相談下さい。入れ歯にどうしてもなじめない方もいらっしゃいますが、他にもいろんな方法がありますのでご相談ください。

  • バネの無いノンクラスプデンチャー

    その名の通り金属バネを使用していない入れ歯です。残っている他の歯を金属バネで固定しないため、負担がかからずにしっかり噛むことができます。素材も軽く、入れ歯本体がシリコンでできています。つけ心地も良く、大きく口を開けても笑っても入れ歯だとはわかりにくく、 違和感も少なくなり、普段のお食事や会話もはずみます。

  • 金属床義歯

    金属床の「床」という言葉は、土台となる部分を指しています。この「床」を金属にすることで、高い強度と床の厚みを薄くすることができます。その結果、違和感が減り噛んだ時の歯ごたえなども実感できます。

  • インプラント義歯

    インプラント義歯とは、アゴの骨に「インプラント」というネジのようなものを打ち込み、その打ち込んだインプラントを土台にして入れ歯を装着するという治療法です。通常のインプラントとの大きな違いは入れ歯というだけあって取り外しができることです。
    また、インプラントはあごの骨と結合しているため、自分の歯のようにしっかり噛むことができます。基本的にはインプラント手術が必要になるということと、治療後のメインテナンスも重要です。 インプラント治療と同様にしっかりとカウンセリング、治療計画を一緒にたてていきましょう。

  • シリコン義歯

    シリコン義歯とは、歯ぐきと接する部分がシリコンでできているため、 とにかく歯ぐきに優しいのが魅力です。シリコン素材は、適度な弾力感があり、「入れ歯が当たって痛い」とお悩みの方にはおすすめです。痛みが軽減するとよく噛めるようになります。

入れ歯はとにかく清潔が大切!

入れ歯洗浄を怠って汚れたまま装着していると、口臭や歯周病の原因になります。入れ歯専用の洗浄剤で毎日こまめに清掃しましょう。

入れ歯はどのタイプであれ、その時は合っていても年月とともに顎の骨が徐々に痩せて、いずれは 合わなくなってしまうことが多いです。
定期的にご来院いただき、調整をしましょう。その時にはご自宅ではできない超音波洗浄も一緒にさせて頂きます。