口腔外科(親知らず、顎関節症、口内炎)

口腔外科では、親知らずの抜歯、口が開きにくい、顎がカクカクする、 お口の中、唇などにできものができたといったことを治療します。(顎関節症治療、歯根端切除術、膿胞摘出術、歯の移植、歯茎の移植)

親知らずの抜歯

親知らずは抜いたほうがいい場合と、抜かなくていい場合があります。
親知らずが痛む、腫れる、出血するなど、ご相談ください。 どうしても抜きたくないとご希望の方も、ご相談だけでも大丈夫ですよ。

親知らずのセカンドオピニオン

ほかの歯医者さんで「これは難しい」と言われてしまい、抜歯をあきらめている方。当医院ではたくさんの経験と歯科用CTによる立体的3Dによる精密検査で最大限の配慮をして抜歯をいたします。

顎関節症かも?

顎が痛い、お口を開けたり閉じたりする時にカクッとした音がするなどの症状は 顎関節症かもわかりません。
治療をしないでも自然に治る場合もあれば治療をしなかったために慢性化し悪化てしまう場合があります。
悪化した場合には、口が開かなくなってしまったり、顎に痛みやしびれなどの症状が起こり、 日常生活にも支障をきたします。

また、顎関節症が原因で肩こりや頭痛・食欲不振など全身の症状も出てくる場合も少なくありません。
顎関節症の治療は、歯にはめるスプリントを作る治療などがあります。

スプリント療法
歯型を採って、オーダーメイドで制作したのマウスピースを睡眠中に装着します。睡眠時の歯ぎしりや食いしばりを防いで顎関節や筋肉への負担を軽減させます。

口内炎

口の中は粘膜で保護されていますが、免疫力低下などの理由で細菌から守りきれなくなると、炎症がおこり口内炎を引き起こします。

口内炎になる一番の原因は「お口の中の傷」です。
お口の中を噛んでしまったり、魚を食べた時に骨が刺さってしまったり、力強く歯磨きすることで口の中に傷ができると、この傷が原因となって口内炎につながります。
通常、このような傷を作ってしまっても、お口の中は唾液などの粘液によって保護され、傷口の細菌を洗い流しているのですが、皮膚や粘膜を守る「ビタミンB2」、皮膚や粘膜の健康を維持する「ビタミンB6」が不足すると、傷口を細菌から守る粘液が不足し、口内炎ができやすい状態になってしまいます。

口内炎の治療法

  • うがい薬を使ったうがいで殺菌する。
  • 軟膏やパッチを貼る。

上記の方法で炎症を鎮め、痛みを和らげます。

自家歯牙移植

むし歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合には、ブリッジや入れ歯、インプラントなどの治療を行って元の状態に復元にします。しかしそのどれもが人工の歯です。
もう一つの治療法である歯牙移植では、ご自分の歯(親知らず)などを一度抜いてから、他の欠損した部分に移植する事によって機能を回復させる事ができます。
人工歯根のインプラントとは違い、不要になった自分の親知らずを活用することが出来ます。奥歯が既に無くなっている方でも親知らずを移植することで咀嚼能率を上げることが可能です。

歯牙移植のメリット

  • 健康な歯を削る必要がない
  • 良い噛み合わせを作りやすい

歯牙移植のデメリット

  • 条件に合った健康な親知らずまたは移植歯が必要となる
  • 術後の経過や見通しがやや不安定