矯正歯科治療

矯正治療は歯並びを整えることで正しい咬み合わせと美しい歯並びを作り出します。
正しい咬み合わせでしっかり食べ物を噛むことは消化を助け、また歯並びがよくなることで歯みがきがしやすくなり、むし歯や歯周病の予防につながります。

矯正方法・装置について

矯正治療では使用する矯正装置や方法にいくつかの選択肢があります。治療期間や費用などが異なりますので、事前にしっかりとカウンセリングを行い最適と思われる治療計画を立案いたします。

メタルブラケット
歯の表側に装着するメタル(金属製)のブラケット(装置)です。
矯正治療=メタルブラケットと多くの方が想像されるのではないでしょうか。
ブラケット(装置)が目立つという難点はありますが、金属のブラケットは薄くて丈夫なうえ、 多くの不正咬合の種類に対応できます。また、比較的低コストで治療ができます。見た目にはあまりこだわらず、治療費を抑えて通院回数を 抑えたい方には敵しています。
最近では金属アレルギーの方のために、人体になじみやすいチタニウム製のものもあります。
クリアブラケット
ブラケットを金属の素材を使わず、透明のプラスチックや硬質プラスチックなどを使用した装置です。
透明なので目立ちにくく、治療中の変色も少ないため審美性にすぐれた矯正装置です。また、金属アレルギーの方にも最適です。
ホワイトワイヤー
金属のワイヤーにホワイトコーティングをしたものです。
クリアブラケットとホワイトワイヤーにすることで、目立ちにくく、審美性にすぐれた矯正治療になります。
インプラント矯正
矯正用の小さなインプラントを使って歯並びを治す方法です。
矯正用のインプラントは一般的な歯科用インプラントとは違って、長期間使用したり、噛むためのものではないため インプラント自体は長さ10mm程度、太さは1.5~3mm程度と小さなインプラントを使用します。 ※通常のインプラントのサイズは約6mm~18mm強の長さで太さは4mm程度です。
インプラント矯正をすることによって、抜歯せずに矯正治療ができ、また治療時間が短くなる場合もあります。また、部分矯正など一本だけ歯を動かしたい場合にもインプラント矯正は効果的です。
今までの矯正治療では一本の歯を動かすのに多くの歯に矯正装置をつける必要がありますが、 インプラント矯正の場合は動かしたい歯だけに矯正器具をつけるため部分矯正にも向いています。
マウスピース矯正
マウスピース矯正の特徴は何といっても取り外しが簡単にできることです。
食事や歯磨きをする際に簡単に取り外しができます。透明度が高く、薄いプラスチックでできているので、目立たず、周囲の人に気づかれにくいのが特徴です。
装置がずっと歯についていることに抵抗がある方や、矯正していることをあまり人に気づかれたくない方などの理由で 今まで治療に躊躇していた方にとって、最も最適な治療法の一つです。ただ、症例によってはマウスピース矯正を使用できない場合もあります。
部分矯正
名前の通り、歯並びや噛み合わせに問題のある部分に装置をつけて矯正する方法です。
全体の矯正と比べて、安価な費用と短い時間で治療できます。 前歯の矯正に用いられることが多いですが、奥歯やほかの部分に適応することも可能です。

できるだけ痛みの少ない矯正をご希望の方へ

セルフライゲーションシステム(セルフライゲーションブラケット)
従来の矯正装置はブラケットとワイヤーをゴムなどで固定をしていました。そのため、ワイヤーの引張る力も大きく、
また、ブラケットとワイヤーの間で起きる摩擦が、痛みや治療期間を長引かせる原因となっていました。
セルフライゲーションシステムは、ブラケットにワイヤーを通すだけなので、ブラケットがワイヤーを滑りやすく、
無理に引っ張る力と摩擦が少なくなり、従来の矯正装置の約1/10程度の力で歯を動かすことができます。
一本ずつ固定をしないので、チェアタイムも短くなります。

矯正治療の症例

ガタガタの歯並びのケース 抜歯あり
治療前
矯正装置装着
矯正治療後
ガタガタの歯並びのケース 抜歯なし
治療前
矯正装置装着
矯正治療終了後
全体の歯並びと出っ歯を改善するケース
治療前
矯正装置装着
矯正治療中
1本だけ出っ歯を改善するケース
治療前
矯正装置装着
矯正治療終了後
前歯のすきっ歯を改善するケース
治療前
矯正治療後
インプラント矯正
赤枠の箇所はインプラントを示します。支点が自在で強い力で歯列全体を動かすことができます。
矯正前の治療として、ねじれて生えている歯を回転させ、元に戻す処置を行っています。