小児歯科・小児矯正

小さいころから歯医者さんになれてもらい、定期的に通える習慣を。小さいころの矯正は、大人になってからより早く治りやく有利です。

お子様の未来のお口のために…

個人差はありますが、乳歯の生え始めは生後6ヶ月頃から、2歳半~3歳までの間には全ての 乳歯が生えそろいます。
「乳歯はそのうち永久歯に生えかわるからむし歯になっても大丈夫」と誤解をされていませんか?
むし歯になった乳歯をそのままにしていると、むし歯菌が残ったままになり、生えかわってくる永久歯もむし歯になりやすくなってしまいます。また、歯並びにも影響してきます。

小さいころから、歯医者さんに通い慣れてもらうことはお子様の歯を守る事にもなります。
お子様がむし歯にならないための定期的な予防、歯磨き指導など、ご両親様も一緒に取り組みましょう。

大人でも苦手な人が多い歯科の治療。お子様ならなおさらだと思います。初めてお子様を歯医者さんにお連れくださるご両親様にお願いがあります。

  • ご予約はなるべく午前中をお取りください。お昼過ぎになるとお昼寝の時間を妨げられたことにより、 ご機嫌斜めになってしまう場合があります。
  • 朝は起床時間や朝食など、できるだけいつものように過ごして下さい。
  • 動きやすい服装が良いでしょう。特に冬は首元の締め付けない温度調節がしやすい 重ね着にしてあげてください。
  • ご来院される前に「痛くないからね」などは絶対に言わないようにしてくださいね。 そのかわり、がんばった治療の後はたくさん褒めてあげてください。
  • 緊急の場合を除いて、嫌がったり、怖がったりするお子様に無理やり治療はいたしません。
  • 当医院ではお子様の性格や成長にあわせて、できるだけお子様の気持ちを大切にした治療をいたします。

もし、お子様のお口のことで少しでもご心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。

小児矯正

成長過程にある子供の歯やあごの骨はやわらかくコントロールがしやすいため、 大人と比べて比較的スムーズに早く治療を終えることができます。

矯正はいつごろから?

なるべく歯を抜かずに治療できる時期を考えると低年齢から治療を始めることがベストです。
それぞれのケースによりますが、3歳くらいから矯正治療は可能です。歯の生え代わりなどの個人差によって違うため、まずはしっかりとカウンセリングを行い 治療計画を立てることが重要です。

矯正治療は見た目を直すだけのものではありません

消化器官への影響
噛み合わせが正しくなると、片側だけで噛んで歯が不自然にすり減ったり、片方のあごだけが成長してしまうというようなこともなくなります。しっかり?めるようになり、食べ物を正しく噛めば消化器官への負担も軽くなります。
むし歯になりにくい
不ぞろいな歯並びは、歯磨きをしても磨き残しが多くなり、むし歯の原因になってしまいます。 矯正治療できれいな歯並びになれば歯磨きしやすくなり、おのずとむし歯になりにくくなります。

小児矯正の治療開始時期の目安

小児矯正治療では、骨格を矯正する1期治療と歯並びを調整する2期治療に分かれます。 お子様の歯並びや、噛み合わせなどによって治療計画を立てます。

  • 1期治療・・・3歳~12歳
  • 2期治療・・・10歳~成人

矯正治療は時間をかけて少しずつ行います。
治療中のお子様が嫌になってしまわないよう、ご両親様のご協力も大切です。

床矯正

床矯正[しょうきょうせい]は、取り外しのできる矯正装置の1つです。
子どもの混合歯列期の不正咬合の処置によく用いられ、顎を広げる歯列矯正です。永久歯列の場合は補助的矯正装置や後戻りを防ぐ装置として用いられています。
矯正期間中でも取り外して食事や歯磨きがしやすいため、お子様への負担も少なくてすみます。

床矯正
食事や歯磨きの時に、取り外しができます。

小児矯正の症例

重なって内側に生えた歯のケース
治療前
矯正治療中
矯正治療終了
※2期治療はありません。
前歯が内側に生えてきているケース
治療前
矯正治療中
矯正治療終了
※2期治療はありません。
前歯が中に入ってしまっているケース
治療前
矯正治療中
矯正治療終了
※1期治療完了。2期治療へ移ります。
受け口のケース
治療前
矯正治療中
矯正治療終了
※1期治療完了。2期治療へ移ります。
左奥歯の生えてくる場所の確保をするケース
治療前
矯正治療中
矯正治療終了
※2期治療はありません。
右前歯を広げながら押し出すケース
治療前
矯正治療中
矯正治療終了
※2期治療はありません。